Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国勢調査、4割弱がネットで回答 - 3件に1件はスマホから

2015年国勢調査においてインターネットを利用した回答は、当初の計画を大幅に上回る1917万5769件だった。3件に1件はスマートフォンからだったという。

国勢調査は5年に1度実施しており、2015年はその年にあたる。総務省では、今回の国勢調査において、9月10日から20日にかけて紙の調査票の配布に先行し、オンライン調査を実施していた。

今回のオンライン調査による回答数は1917万5769件。調査にあたっては、封筒に封をしない状態で回答用のIDがポストへ投函されるなど、トラブルが発生。セキュリティ上の不備が指摘されるなど混乱があったが、当初の見込みであった1000万件を大きく上回る回答がインターネット経由で寄せられた。

前回調査の世帯数をもとに試算した回答率は36.9%、スマートフォンからの回答率は12.8%だった。インターネットで回答した世帯の3件に1件はスマートフォンから回答したことになる。

都道府県別にインターネット回答率を見ると、もっとも高いのは滋賀県で48.4%。富山県、岐阜県、愛知県、奈良県と続き、4割を超えたのは17県だった。一方最も低かったのは沖縄県で22.7%。高知県が25.1%、東京都が26%、鹿児島県が27.8%といずれも3割を切った。またスマートフォンでの回答率が最も低かったのは東京都で7.8%だった。

国勢調査では今後、26日から30日にかけて、インターネット回答のなかった世帯を対象に調査票を配布する。提出期間は10月1日から7日まで。

(Security NEXT - 2015/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房