Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国勢調査、4割弱がネットで回答 - 3件に1件はスマホから

2015年国勢調査においてインターネットを利用した回答は、当初の計画を大幅に上回る1917万5769件だった。3件に1件はスマートフォンからだったという。

国勢調査は5年に1度実施しており、2015年はその年にあたる。総務省では、今回の国勢調査において、9月10日から20日にかけて紙の調査票の配布に先行し、オンライン調査を実施していた。

今回のオンライン調査による回答数は1917万5769件。調査にあたっては、封筒に封をしない状態で回答用のIDがポストへ投函されるなど、トラブルが発生。セキュリティ上の不備が指摘されるなど混乱があったが、当初の見込みであった1000万件を大きく上回る回答がインターネット経由で寄せられた。

前回調査の世帯数をもとに試算した回答率は36.9%、スマートフォンからの回答率は12.8%だった。インターネットで回答した世帯の3件に1件はスマートフォンから回答したことになる。

都道府県別にインターネット回答率を見ると、もっとも高いのは滋賀県で48.4%。富山県、岐阜県、愛知県、奈良県と続き、4割を超えたのは17県だった。一方最も低かったのは沖縄県で22.7%。高知県が25.1%、東京都が26%、鹿児島県が27.8%といずれも3割を切った。またスマートフォンでの回答率が最も低かったのは東京都で7.8%だった。

国勢調査では今後、26日から30日にかけて、インターネット回答のなかった世帯を対象に調査票を配布する。提出期間は10月1日から7日まで。

(Security NEXT - 2015/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す