Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年上半期の不正アクセス禁止法違反は116件

2015年上半期のサイバー犯罪による検挙件数は3689件で、前年同期から減少した。不正アクセス禁止法違反は116件だった。

警察庁が2015年上半期のサイバー犯罪に関する検挙状況やサイバー犯罪に関する相談件数をまとめたもの。検挙件数は3689件で、前年同期の3732件を下回った。

検挙件数の内訳を見ると、「不正アクセス禁止法違反」は116件で前期の144件から減少した。いわゆる「ウイルス作成罪」などを含む「コンピュータ・電磁的記録対象犯罪及び不正指令電磁的記録に関する罪」は76件で、前期の100件から減少した。

また犯罪にインターネットが利用された「ネットワーク利用犯罪」は3497件で前期から微増。「児童ポルノ」が562件で最多。「わいせつ物頒布」が383件、「詐欺」が343件、「青少年保護育成条例違反」が341件と続く。

サイバー犯罪に関する相談件数は5万9073件で、前年同期の5万4103件から増加。詐欺や悪質商法に関する相談が3万757件で半数以上を占めており、迷惑メールに関する相談、名誉毀損、誹謗中傷に関する相談も5000件を超えている。

(Security NEXT - 2015/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表