Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、「秘文」と「FireEye」の連携ソリューション

日立ソリューションズは、「秘文 Device Control」と「FireEye NX」の連携ソリューションを9月15日より提供開始する。

同ソリューションは、組織内部におけるマルウェアの感染拡大を防止したり、データの外部送信リスクを低減するソリューション。

ファイア・アイのマルウェア対策製品「FireEye NX」で検知したインシデントの重要度に応じ、「秘文 Device Control」によりマルウェアへ感染した端末に警告を表示したり、ネットワークから自動的に遮断することが可能。

またインシデント発生時に両製品のログを分析することで、漏洩した可能性のあるファイルの特定などが行えるとし、オプションとしてログ解析製品なども提案していくという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」