Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、「秘文」と「FireEye」の連携ソリューション

日立ソリューションズは、「秘文 Device Control」と「FireEye NX」の連携ソリューションを9月15日より提供開始する。

同ソリューションは、組織内部におけるマルウェアの感染拡大を防止したり、データの外部送信リスクを低減するソリューション。

ファイア・アイのマルウェア対策製品「FireEye NX」で検知したインシデントの重要度に応じ、「秘文 Device Control」によりマルウェアへ感染した端末に警告を表示したり、ネットワークから自動的に遮断することが可能。

またインシデント発生時に両製品のログを分析することで、漏洩した可能性のあるファイルの特定などが行えるとし、オプションとしてログ解析製品なども提案していくという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー