Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外国人向けの無料Wi-Fi検索アプリに複数の脆弱性

NTTブロードバンドプラットフォームが提供するスマートフォン向けアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に、複数の脆弱性が存在することがわかった。

同アプリは、無料で利用できるWi-Fi接続スポットを検索できる訪日外国人向け無料アプリ。Android版とiOS版が用意されており、Android版では「同1.6.0」、iOS版では「同1.0.2」に脆弱性が存在。以前のバージョンも影響を受ける。

脆弱性情報ポータルサイト「JVN」によると。SSIDの表示に脆弱性「CVE-2015-5630」があり、細工されたSSIDをアクセスポイントとして接続すると、端末上で任意のスクリプトが実行される可能性がある。

またURLスキームを使って起動することで、任意のページを表示させることが可能となる脆弱性「CVE-2015-5629」が存在。任意のAPIを実行されるおそれがある。

最新版では修正されており、開発元やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。これら脆弱性はスプラウトの末房建太氏と塩見友規氏が情報処理推進機構に報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開