Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「AppLocker」の認証情報処理を一部修正

日本マイクロソフトは、アプリケーションの実行を制御する「AppLocker」向けに更新プログラムの提供を開始した。

「AppLocker」は、あらかじめ設定したポリシーに従い、承認されていないアプリケーションやマルウェアを実行できないよう制御できるWindowsのセキュリティ対策機能。

今回のアップデートは、「AppLocker」による多層防御を強化する一環として更新したもの。発行元ルールのバイパスを回避するため、認証情報の処理方法を修正。適用後は、発行元ルールに保存されている現在のユーザーの認証情報を使用しないように変更する。

自動更新やMicrosoft Updateのほか、Microsoft Updateカタログおよびダウンロードセンターにて提供する。

(Security NEXT - 2015/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
「Chrome 67.0.3396.62」がリリース - セキュリティ上の問題34件に対処
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル