Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「AppLocker」の認証情報処理を一部修正

日本マイクロソフトは、アプリケーションの実行を制御する「AppLocker」向けに更新プログラムの提供を開始した。

「AppLocker」は、あらかじめ設定したポリシーに従い、承認されていないアプリケーションやマルウェアを実行できないよう制御できるWindowsのセキュリティ対策機能。

今回のアップデートは、「AppLocker」による多層防御を強化する一環として更新したもの。発行元ルールのバイパスを回避するため、認証情報の処理方法を修正。適用後は、発行元ルールに保存されている現在のユーザーの認証情報を使用しないように変更する。

自動更新やMicrosoft Updateのほか、Microsoft Updateカタログおよびダウンロードセンターにて提供する。

(Security NEXT - 2015/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに
5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処