Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通マーケ、マイナンバー管理をクラウドサービスで提供

富士通マーケティングは、「FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバー SaaS」を提供開始した。

同社では、既存の人事給与システムと連携してマイナンバーの収集や保管、申告帳票の出力を行うアドオン型システム「アドオンマイナンバーシステム」をすでに提供しており、同機能をクラウドサービスとして提供するもの。

顧客ごとに環境を構築するシングルテナント構成で、閉域網VPNにて提供。マイナンバーの「収集」「保管」「申告」などの機能を利用できる。

(Security NEXT - 2015/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス