Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOメディアのMLサービスで不具合 - 他人のリストが閲覧可能に

GMOメディアは、運営するメーリングリストサービス「freeml」において、他ユーザーのメーリングリストを閲覧できる不具合が一時発生したことを公表した。

8月20日に発生したシステムの不具合が原因で、他ユーザーのメーリングリストの情報を閲覧できる状態だった。同日22時過ぎにユーザーから指摘があり、不具合に気が付いた。

同社では、翌21日17時ごろ特定の操作により、不具合が再現できることを確認。21時前に原因を特定してシステムを改修した。閲覧できた情報は、ニックネームやメールアドレス、都道府県、性別、生年月日などだが、実際にメーリングリストが閲覧されたのは1件のみだという。同社では、対象となる利用者に説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
メール誤送信で顧客のメアド流出 - マイカースポンサー
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス