Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも

夏場に需要が高まる商材を用いた詐欺サイトが確認されている。季節家電のほか、水着などの通販サイトを装うケースもあるという。

BBソフトサービスが7月に同社が検知した不正サイトの傾向をまとめたもの。7月に同社が検知した不正サイト件数は89万82件で、前月の87万2384件から2%増加した。

種類ごとの割合をみると、「ワンクリック、不正請求詐欺」サイトが73.4%で、「フィッシング詐欺サイト」が22.1%で、前月から目立った変化はなられない。

「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.1%、「脆弱性悪用サイト」が1.2%、「マルウェア感染サイト」が0.1%と続く。

7月は、夏場に需要が高まる商材の通信販売サイトに見せかけた詐欺サイトが確認されたという。エアコンや扇風機のほか、水着なども販売していた。

(Security NEXT - 2015/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
情報漏洩の補償、「いらない」「5万円以上」と両極端
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%