Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも

夏場に需要が高まる商材を用いた詐欺サイトが確認されている。季節家電のほか、水着などの通販サイトを装うケースもあるという。

BBソフトサービスが7月に同社が検知した不正サイトの傾向をまとめたもの。7月に同社が検知した不正サイト件数は89万82件で、前月の87万2384件から2%増加した。

種類ごとの割合をみると、「ワンクリック、不正請求詐欺」サイトが73.4%で、「フィッシング詐欺サイト」が22.1%で、前月から目立った変化はなられない。

「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.1%、「脆弱性悪用サイト」が1.2%、「マルウェア感染サイト」が0.1%と続く。

7月は、夏場に需要が高まる商材の通信販売サイトに見せかけた詐欺サイトが確認されたという。エアコンや扇風機のほか、水着なども販売していた。

(Security NEXT - 2015/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず