Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワシントンホテルの予約サイトに不正ログイン - ポイントの不正交換が発生

ワシントンホテルが運営する宿泊予約サイト「宿泊ネット」の一部アカウントに対して、本人以外の何者かがログインし、ポイントを不正に交換していたことがわかった。

8月4日14時ごろ、同サイトに不正ログインがあり、ポイントが交換されたことを同社では確認。調査を行ったところ、123件のアカウントでAmazonギフト券へポイントが交換されていたことが判明した。被害額は、あわせて29万5000円分相当にのぼるという。

またこれらアカウントに関しては、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、会社名、宿泊履歴など、個人情報が流出した可能性もあるとしている。

同社は、複数のIPアドレスが発信元ととなり、不正アクセスを受けたと説明。同社以外で取得したメールアドレスとパスワードが使用されたとしており、同社経由の情報漏洩については否定している。

同社では、安全が確認されるまで全会員のポイント交換を停止する。また、対象となる会員には個別に連絡し、パスワードの変更を案内。不正に交換されたポイントは後日返還するとしている。

(Security NEXT - 2015/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
テストサーバに不正アクセス、求職者情報が流出 - リジョブ