Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Chiyu Technology製の複数指紋認証入退室管理システムに脆弱性

Chiyu Technology製の指紋認証入退室管理システムに複数の脆弱性が含まれていることが判明した。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同社の「BF-660C」「BF-630」「BF-630W」をはじめとする複数システムにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2015-2870」や、認証機能が回避される脆弱性「CVE-2015-2871」などが含まれているとの指摘がでているもの。3機種以外も同様の影響を受けるおそれがあるという。

開発元であるChiyu Technologyでは特に対策情報などは公開しておらず、セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
Windows向け「VMware Horizon」に情報漏洩の脆弱性
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「アタッシェケース」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートで修正