Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」へのUG前に動作環境チェックを - 利用不可のネットバンクも

マイクロソフトでは、最新OSとなる「Windows 10」を7月29日より提供する予定だが、アップグレード前に利用環境のチェックは必須だ。ウェブサービスなども利用できなくなる場合もある。

たとえば、オンラインバンキングサービス。金融機関によっては、「Windows 10」の動作確認を終えていないとして、利用を控えるようアナウンスしている。

特に地銀や信用金庫、信用組合などにおいて、アップデートを控えるようアナウンスしているケースが目立つ。非推奨とするだけでなく、「利用できない」と明示している金融機関もある。

メガバンクなどの場合、個人向けサービスでは特にWindowsのバージョンでは制限せず、「Internet Explorer」のバージョン次第では利用できるところもあるようだ。しかし、同じ金融機関であっても、ビジネスユーザー向けのシステムでは「非推奨」としているケースもある。

また「Windows 10」に対応している場合も、新ブラウザ「Microsoft Edge」が推奨環境に入っていない場合がほとんど。金融機関が掲載している利用環境や、アナウンスをしっかり確認しておくことが重要となる。

もし非対応としている場合は、アップグレードの延期を検討する必要があるだろう。日本マイクロソフトでは、サポート情報として「Windows Update」経由の無償アップグレードを抑止する方法を紹介している。

またこうした混乱が生じている状況下では、混乱に便乗したサイバー攻撃にも注意を払いたい。

金融機関のアナウンスを装い、標的型メールやフィッシングメールが届くといった可能性も否定できない。リンク先へ誘導したり、添付ファイルを開かせるメールには、これまで同様警戒してほしい。

(Security NEXT - 2015/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
PHP脆弱性「CVE-2018-17082」 - キャッシュ汚染のおそれ
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
脆弱性1件を修正した「Firefox 62.0.2」がリリース