Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【Hacking Team問題】流出判明以前に日本へゼロデイ攻撃 - 内偵ツール利用か

イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamから、脆弱性に関する情報が外部へ流出し、エクスプロイトキットへの悪用などが広がっているが、今回の流出が明らかとなる以前より、同脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃が日本に対して行われていた可能性があることがわかった。

問題の脆弱性「CVE-2015-5119」は、Hacking Teamのハッキングスイート「Remote Control System(RCS)Galileo」で利用されていたもので、同ツールは、政府や法執行機関などへ販売されている。

Hacking Teamから流出した情報は、7月5日前後に公開されたが、米Trend Microによれば、それより以前となる7月1日に検知した一連の攻撃のなかで、脆弱性が悪用されていることが判明したという。

6月下旬より展開されていた限定的な標的型攻撃で用いられたもので、同コードへ韓国や日本からアクセスが行われていた。流出したものと類似したエクスプロイトコードを用いており、Hacking Teamの内偵ツールにより作成されたコードであると同社では分析している。

(Security NEXT - 2015/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性