Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、ログ相関分析による攻撃検知サービス - シマンテックの脅威DBを活用

インターネットイニシアティブは、ログの相関分析によりセキュリティインシデントを早期に検知、通知するソリューションを提供開始した。

「IIJ統合セキュリティ運用ソリューション」は、セキュリティ機器やネットワーク機器のログを収集、相関分析により脅威を検知するソリューション。

シマンテックの脅威監視データベースを活用しつつ、24時間体制でデータを解析。インシデントの予兆を検知してアラートを発行する。

導入のコンサルティングをはじめ、ログの収集、解析に必要なシステム基盤の構築、運用、保守までワンストップで対応。緊急対応など、サポート体制を提供する。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
ノベル、ID追跡機能を強化したSIEM製品新版
デジタルアーツ、フィルタリングログとSIEMの連携ソリューション - 不審アクセスを検知
大塚商会、フルタイムのSOCサービスを開始
「FFR yarai analyzer Pro」に新版、パッチ適用状況など変化させながら解析可能に
三菱電機、攻撃活動からマルウェアを検知する新技術
内部不正の監視ソリューション - エルテス
マルウェア感染をシンプルに把握、駆除する「Symantec ATP」