Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神高速のウェブサイトに不正アクセス - 復旧のめど立たず

阪神高速道路のウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。同社では詳細を調べている。

同社によれば、ウェブサイトに対する不正アクセスを確認したもので、7月3日より公開を一時停止した。現在、原因や被害の状況について調査を行っている。同社では、セキュリティ対策を強化し、再開する予定だが、復旧までしばらく時間がかかる見通しだという。

復旧までの期間中、道路交通情報に関しては日本道路交通情報センター(JARTIC)のウェブサイトを参照するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用も - 刃物通販サイト
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、詳細調査中 - JR九州グループ会社
セガの動画サービスに不正アクセス - アクセスコードなど流出か
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
不正アクセス受けスパムの踏み台に - ロボット開発ベンチャー