Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神高速のウェブサイトに不正アクセス - 復旧のめど立たず

阪神高速道路のウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。同社では詳細を調べている。

同社によれば、ウェブサイトに対する不正アクセスを確認したもので、7月3日より公開を一時停止した。現在、原因や被害の状況について調査を行っている。同社では、セキュリティ対策を強化し、再開する予定だが、復旧までしばらく時間がかかる見通しだという。

復旧までの期間中、道路交通情報に関しては日本道路交通情報センター(JARTIC)のウェブサイトを参照するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども