Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神高速のウェブサイトに不正アクセス - 復旧のめど立たず

阪神高速道路のウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。同社では詳細を調べている。

同社によれば、ウェブサイトに対する不正アクセスを確認したもので、7月3日より公開を一時停止した。現在、原因や被害の状況について調査を行っている。同社では、セキュリティ対策を強化し、再開する予定だが、復旧までしばらく時間がかかる見通しだという。

復旧までの期間中、道路交通情報に関しては日本道路交通情報センター(JARTIC)のウェブサイトを参照するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導