Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT責任者の8割が無線LANのセキュリティに懸念 - 4割弱が認証を未導入

企業における無線LANのセキュリティについて、37%が認証機能を導入していないとの調査を米Fortinetが取りまとめた。

同社が日本を含む12カ国と地域において、従業員が250人以上の企業におけるIT部門責任者1490人を対象に調査を実施したもの。回答者の49%が、無線LAN環境にもっとも脆弱性があると回答。また83%が既存のセキュリティでは不十分とし、最高情報責任者(CIO)の92%が非常に強い懸念を持つと回答したという。

実際のセキュリティ対策を見ると、無線ネットワークの基本的なセキュリティ対策である認証機能について37%が「導入していない」と答えた。

43%の企業が自社の無線ネットワークに外部からのゲストアクセスを許可している一方、その13%でゲストアクセスに対するセキュリティ対策を行っていなかった。実施しているセキュリティ対策では、「一時てなユーザー名とパスワード」が46%、「キャプティブポータルを使用した認証」が36%だった。

(Security NEXT - 2015/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」