Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT責任者の8割が無線LANのセキュリティに懸念 - 4割弱が認証を未導入

企業における無線LANのセキュリティについて、37%が認証機能を導入していないとの調査を米Fortinetが取りまとめた。

同社が日本を含む12カ国と地域において、従業員が250人以上の企業におけるIT部門責任者1490人を対象に調査を実施したもの。回答者の49%が、無線LAN環境にもっとも脆弱性があると回答。また83%が既存のセキュリティでは不十分とし、最高情報責任者(CIO)の92%が非常に強い懸念を持つと回答したという。

実際のセキュリティ対策を見ると、無線ネットワークの基本的なセキュリティ対策である認証機能について37%が「導入していない」と答えた。

43%の企業が自社の無線ネットワークに外部からのゲストアクセスを許可している一方、その13%でゲストアクセスに対するセキュリティ対策を行っていなかった。実施しているセキュリティ対策では、「一時てなユーザー名とパスワード」が46%、「キャプティブポータルを使用した認証」が36%だった。

(Security NEXT - 2015/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース