Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年1Qはランサム「CTB-Locker」が拡大 - 背景にアフィリエイト

2015年第1四半期は新しいランサムウェアが165%の増加を見せ、なかでもアフィリエイトなどを展開する「CTB-Locker」が急拡大していることがわかった。

2015年第1四半期における脅威動向をマカフィーが取りまとめたもの。同四半期は新種ランサムウェアが165%増を記録し、合計件数は70万件を超えた。こうした背景について、同社は通信に「Tor」を利用し、支払いに「Bitcoin」を用いる「CTB-Locker」の増加や、「CryptoWall」「TorrentLocker」などの新しいバージョンの出現、新種である「Teslacrypt」の登場などを原因として挙げている。

なかでも目立ったのが「CTB-Locker」の拡大。2014年12月より攻撃がはじまったとされており、2015年1月に急増した。使用する言語は英語やドイツ語、フランス語、イタリア語、オランダ語と多岐に渡るという。

同社は、同マルウェアが拡大した原因について、セキュリティ対策ソフトを回避する手口が使われていることや、見破るのが難しい巧妙なフィッシングメールでの拡散にくわえ、「アフィリエイトプログラム」の存在を挙げている。

同マルウェアは、感染したパソコン内のファイルを暗号化し、復号するための身代金を脅し取るが、被害者が身代金を支払った場合、アフィリエイトプログラムの参加者は1%を成功報酬として得られるという。被害者が多いほど多くの収入が見込めるとして拡散させるケースが増えていると見られている。

(Security NEXT - 2015/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」