Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リハビリ患者の個人情報含むポータブルHDDが所在不明

奈良県御所市の済生会御所病院において、リハビリテーション患者の個人情報を保存したポータブルハードディスクが所在不明となっている。

2000年から2015年2月までの間に同院でリハビリテーションを受けた患者7749人分の個人情報が保存されていたハードディスクが見当たらなくなっているもので、5月21日に紛失が判明したという。

ハードディスクの内部には、氏名や年齢、性別のほか、病名や手術名、退院日、日常生活の行動レベルなども記録されていた。紛失したのはバックアップ用のデータだったという。

紛失した情報の外部流出などは確認されていない。同院では関連する患者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
顧客から預かった個人情報入りHDDを紛失 - ネオジャパン