Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「株主倶楽部」利用企業が謝罪として金券を送付

株主向けウェブサービス「株主倶楽部」において株主の個人情報が流出した問題を受け、利用企業が謝罪として金券を配布するなど対応を進めている。

インベスター・ネットワークスが運営する「株主倶楽部」に登録している株主の個人情報が外部に流出したというもので、同社が調査結果を公表したことを受け、対応を公表した。

調査の結果、流出件数は、ロート製薬の株主が329件、アルデプロは2686件、ゴルフダイジェスト・オンラインが1972件であることが判明。

ロート製薬とアルデプロでは対象となる株主に報告と謝罪の書面を送るとともに、謝罪として500円分のクオカードを配布するほか、ゴルフダイジェスト・オンラインでは、3000円分のクーポンを提供。

またサンリオに関しても、テーマパーク共通優待券や1000円分のクオカードを配布する予定であることを明らかにしている。

(Security NEXT - 2015/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
家族向け写真共有サービスに他家族の情報が閲覧できる不具合 - サービスを終了へ
ホテルのメールアカウントに不正アクセス - 顧客にフィッシングメール
ワシントンホテルの予約サイトに不正ログイン - ポイントの不正交換が発生
通販サイト「セシール」で不正ログイン - 不正受注や個人情報改ざん
サンリオ、個人情報漏洩で優待券やクオカードを配布
従業員が顧客情報を数回にわたり売却 - 丸八真綿
エアガン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報417件流出