Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TLSに脆弱性「Logjam」 - 国家レベルなら1024ビットまで盗聴可能

「TLSプロトコル」で利用する「Diffie-Hellman(DH)鍵交換プロトコル」にあらたな脆弱性「Logjam」が判明した。「HTTPS」はもちろん、「SSH」「VPN」通信などにも影響がある。

20150521_lo_001.jpg
研究者が公表した「Logjam」攻撃。「FREAK」は実装上の問題だったが、今回はTLSプロトコル上の問題だという

今回判明したのは、中間者攻撃により、TLSによる暗号化通信を脆弱な「輸出グレード」である512ビットに変更させることが可能となる脆弱性。攻撃者によって通信内容が盗聴されたり、改ざんされるおそれがある。

フランス国立科学研究センター(CNRS)やフランス国立情報学自動制御研究所、Microsoft、ジョンズホプキンス大学、ミシガン大学、ペンシルベニア大学などの研究者が論文として発表した。研究者によって「Logjam」とのニックネームが与えられている。

研究チームは、今回の脆弱性について実装上ではなく、プロトコル上の問題であると説明。多くのサーバで利用されているDH鍵交換プロトコルが、同じ素数を利用していることに起因しているという。

「DHE_EXPORT」暗号をサポートしている環境では、「HTTPS」「SSH」「IPsec」「SMTPS」など、「TLS」を利用する多くのプロトコルが影響を受けるとし、上位100万ドメインのウェブサイトにおけるHTTPS通信を調査したところ、8.4%に脆弱性が存在したとの調査結果を示した。

(Security NEXT - 2015/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も