Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を誤表示、アクセス集中による不具合で - うみの杜水族館

仙台うみの杜水族館の公式サイト上で年間パスポートの購入手続きを行った顧客の個人情報が、関係ない別の顧客の購入画面上に表示される不具合が発生していたことがわかった。

同水族館を運営する横浜八景島によれば、5月16日0時より公式サイト上で「プレミアムプレビュー付き年間パスポート」を1万人限定として発売したが、アクセスが集中したことでシステムに不具合が発生したという。

今回の不具合により、購入手続き画面や購入履歴画面において、購入者以外の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、顔写真など個人情報が表示される状態となった。

顧客の指摘により判明したもので、3時半ごろに販売システムを中止。4時ごろ購入履歴の閲覧を停止した。不具合の発生により、最大135人の個人情報が誤表示された可能性がある。

同社では年間パスポートの販売を一時停止し、販売システムを管理しているグッドフェローズとともに原因究明を進める。対象となる顧客には個別に報告を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
クーポンサイトでアカウントを重複発行 - ソースネクスト
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市