Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ubuntu向け「NOD 32」の先行評価版が公開

キヤノンITソリューションズは、法人向けエンドポイント対策製品「ESETエンドポイントプロテクションシリーズ」において今後リリースを予定している「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop V4.0」の先行評価版を公開した。

同製品は、Linuxディストリビューションである「Ubuntu」に対応したセキュリティ対策ソフト。12月20日まで先行評価版として公開したもので、機能制限はなく、無料で利用することが可能。評価レポートは、2016年1月20日まで受け付ける。

マルウェア対策機能をはじめ、リアルタイムスキャン、オンデマンドスキャンに対応。またリムーバブルメディアへのアクセス制御に対応している。また同プログラムの提供にあわせ、クライアント管理用プログラムである「ESET Remote Administrator V5.1」についても評価版としてあわせて提供している。

詳細や先行評価版の申し込みは同社ウェブサイトから。

(Security NEXT - 2015/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
「ZeroShell」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
Google、「Chrome 83.0.4103.116」をリリース - 脆弱性を修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - セキュリティアップデートが公開
5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC