Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ubuntu向け「NOD 32」の先行評価版が公開

キヤノンITソリューションズは、法人向けエンドポイント対策製品「ESETエンドポイントプロテクションシリーズ」において今後リリースを予定している「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop V4.0」の先行評価版を公開した。

同製品は、Linuxディストリビューションである「Ubuntu」に対応したセキュリティ対策ソフト。12月20日まで先行評価版として公開したもので、機能制限はなく、無料で利用することが可能。評価レポートは、2016年1月20日まで受け付ける。

マルウェア対策機能をはじめ、リアルタイムスキャン、オンデマンドスキャンに対応。またリムーバブルメディアへのアクセス制御に対応している。また同プログラムの提供にあわせ、クライアント管理用プログラムである「ESET Remote Administrator V5.1」についても評価版としてあわせて提供している。

詳細や先行評価版の申し込みは同社ウェブサイトから。

(Security NEXT - 2015/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
Linuxカーネルに脆弱性「Mutagen Astronomy」、PoCが公開 - 「RHEL」「CentOS」に影響