Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、インシデントレスポンス関連サービスを順次提供

シマンテックは、インシデントレスポンスサービスを強化し、サービス地域を拡大する。日本にもサービスを順次投入していく。

「インシデントレスポンス緊急レスポンスサービス」では、インシデント発生時の被害抑制や、業務再開、再発防止などを支援。世界各国に配置しているセンサー情報を元にした不正アクセスの分析情報も提供する。北米、英国、一部のアジア太平洋地域に提供しているが、日本国内に関しても順次サービスを拡大する予定。

一方、「インシデントレスポンス リテーナーサービス」は、既存のインシデントレスポンスのプロセスを評価、再構築するサービス。事後対処型から脅威を未然に防ぐ事前対処型への移行を促すという。

(Security NEXT - 2015/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ