Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロート製薬の「株主倶楽部」登録株主にも勧誘メールや電話

ロート製薬は、株主向けメルマガ配信サービス「株主倶楽部」に登録された株主338人分の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

4月7日に株主から投資勧誘のメールや電話があったと連絡があり、情報流出の可能性が明らかになったというもの。4月9日時点でサービスに登録されているのは、株主338人の氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなどで、これらの情報が何らかの原因で漏洩した可能性がある。

これまでもサンリオ、アルデプロ、トランスコスモス、ゴルフダイジェスト・オンラインなど、インベスター・ネットワークスの運営する株主向けウェブサービス「株主ポイント倶楽部」を導入している企業の株主に身に覚えのない勧誘のメールなどが届いている。

インベスター・ネットワークスでは、5社合計でのべ1万4667人の情報が漏洩した可能性があるとする一方、原因については調査中とし、同社経由の情報漏洩について判断を保留している。

(Security NEXT - 2015/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「株主倶楽部」利用企業が謝罪として金券を送付
「株主倶楽部」の個人情報漏洩、内部犯行の可能性
サンリオ、個人情報漏洩で優待券やクオカードを配布
サンリオの株主情報流出か - 投資勧誘メール届く
サンリオ以外の企業株主にも「投資勧誘メール」 - 「株主ポイント倶楽部」運営企業が調査中
シニア向け情報提供サイトで会員情報が一時閲覧可能に - 一部カード情報も
ファンド運用状況や投資先企業情報を含む内部資料を一時紛失 - ジャフコ
コーエーテクモHDの新株予約権者リストを約2年前から他社に誤送信 - 中央三井信託銀行
証券会社6社から預かった「実質株主票」704枚が所在不明、原因は調査中 - 日本証券代行
受託した大庄の株主名簿が所在不明に - 中央三井信託銀行