Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ntpdに時刻同期不全となる脆弱性 - 中間者攻撃のおそれも

「ntpd(Network Time Protocol daemon)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

2件の脆弱性について、Red Hatの研究者が報告したもの。「CVE-2015-1798」では、パケットに含まれるメッセージ認証コード「MAC」をチェックせず、認証コードがなくてもパケットを受け入れてしまうおそれがある。

同脆弱性を悪用するには、タイムスタンプを事前に把握したり、正規の応答前にパケットを送り付ける必要があるが、条件を満たすと中間者攻撃が可能になるという。

また「CVE-2015-1799」では、継続的にパケットを送り付けることで時刻同期の機能をサービス拒否の状態に陥らせることが可能になるという。

両脆弱性を修正した「ntp-4.2.8p2」がリリースされており、セキュリティ機関では利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに