Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漏洩対策からeディスカバリーの対応まで可能なモバイル管理製品

ネットワンシステムズは、米Druvaのモバイル端末のデータ管理ソリューション「inSync」を提供開始した。

同製品は、データの暗号化や遠隔消去機能のほか、組織内外とのファイル共有、バックアップ、eディスカバリー対策など、BYODをはじめ、モバイル機器やデータの管理を実現するソリューション製品。

必要な機能を組み合わせて利用することが可能で、クラウド型とオンプレミス型を用意している。同社では、仮想デスクトップや組織のコラボレーションシステムなどとあわせて同製品を展開していく予定で、3年間で15億円の売上を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加