Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約半数のAndroidにマルウェア仕込まれる「TOCTTOU」の脆弱性

Androidにおいて、インストール時に正規アプリが改ざんされたり、マルウェアへ置き換えられる脆弱性が含まれていることがわかった。アプリの権限をチェックする時間が「隙」になっていたという。

米Palo Alto Networksが報告したもので、「Androidインストーラーハイジャック」の脆弱性は、アプリパッケージのインストール過程に含まれる。「Android 2.3」「同4.0.3」「同4.0.4」「同4.1.X」「同4.2.x」、および一部の「同4.3」に影響があり、全Androidユーザーのうち、49.5%に影響があると同社は分析している。

同社によれば、今回の脆弱性は、サードパーティのアプリストアよりダウンロードする場合にのみ影響があるという。Google Playからダウンロードする場合は、APKファイルを保護された領域に保存するため、攻撃は成立しない。

一方、サードパーティからダウンロードする場合、保護されていない領域を利用したり、直接インストールすることになるが、ダウンロードしてから、ユーザーがアプリの権限をチェックする際の時間差に「TOCTTOU(Time of Check to Time of Use)」の脆弱性が存在。その間にアプリを改ざんしたり、アプリを置き換えることが可能になるとしている。

脆弱性は、すでに「同4.4」で修正されている。また「同4.3_r0.9」も同様に対策済みだが、一部脆弱性が残っている端末もあり注意が必要だという。同社では、脆弱性をチェックできるアプリをGoogle Playに公開。またアプリをインストールする場合は、Google Playからダウンロードするなど、回避策を検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み