Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府の関係者名乗るメールに注意を - マルウェア感染や詐欺の可能性

政府機関の関係者を装った不審メールが確認されており、各機関では注意を呼びかけている。

金融庁では、同庁職員を装う悪質なメールを確認。メールの本文に記載されたURLへアクセスしたり、添付ファイルを開くと、情報を外部へ送信するマルウェアへ感染するおそれがあることから、同庁では心当たりのないメールへ注意するよう呼びかけている。

一方、総務省では、同省の指定調査機関などと名乗る不審メールを確認した。未納となっている債務情報や個人情報の調査について同省が指定調査会社に業務を委託したなどと説明し、電話番号に連絡するよう求める内容だった。

これまでも公的機関を装い個人情報を騙し取ったり、架空請求が行われるケースが発生しており、同様である可能性が高い。同省では関係機関へこのような業務委託している事実はないとして、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2015/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス