Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府の関係者名乗るメールに注意を - マルウェア感染や詐欺の可能性

政府機関の関係者を装った不審メールが確認されており、各機関では注意を呼びかけている。

金融庁では、同庁職員を装う悪質なメールを確認。メールの本文に記載されたURLへアクセスしたり、添付ファイルを開くと、情報を外部へ送信するマルウェアへ感染するおそれがあることから、同庁では心当たりのないメールへ注意するよう呼びかけている。

一方、総務省では、同省の指定調査機関などと名乗る不審メールを確認した。未納となっている債務情報や個人情報の調査について同省が指定調査会社に業務を委託したなどと説明し、電話番号に連絡するよう求める内容だった。

これまでも公的機関を装い個人情報を騙し取ったり、架空請求が行われるケースが発生しており、同様である可能性が高い。同省では関係機関へこのような業務委託している事実はないとして、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2015/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか