Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、「AssetView」にマイナンバー向け機能

ハンモックは、マイナンバーを含むファイルの検知に対応した「AssetView」の新版を6月末より提供開始する。

同製品は、IT資産管理やPCの操作ログ管理、個人情報検索、デバイス制御などの機能を提供するソリューション。目的や環境にあわせて、必要な機能のみ導入することもできる。

新版では、マイナンバー制度が2016年より導入されることから新機能を追加したもの。ファイルにマイナンバーや個人情報が含まれているか判断し、操作ログのイベントとして記録することができるという。

また検知した場合に利用者への警告したり、ファイルを自動的に暗号化することが可能。マイナンバー専用のPDCAレポートを提供する。

(Security NEXT - 2015/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市