Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、ゲーム通じて重要インフラ防護を学べるサービス

カスペルスキーは、製造業や重要インフラ事業者向けにゲーム形式のサイバー攻撃対策の演習サービス「Kaspersky Industrial Protection Simulation(KIPS)」を3月20日より提供開始する。

同サービスでは、ボードゲームとオンラインアプリケーションを組み合わせ、重要インフラに対するサイバー攻撃の影響を体験。システム運用上のリスクや対策を学習できる。

ゲームの舞台は、サイバー攻撃を受けている水処理施設で、参加者は数名ずつのグループにわかれ、条件や指示が書かれた30枚のカードと決められた予算、作業時間を有効に使いながら、サイバー攻撃へ対応しつつ生産性を競う。ゲームを通じて体験した事象に対して考察し、理解を深めることができるという。

サービスは、同社パートナーであるMHPSコントロールシステムズを通じて提供し、価格は32万4000円から。今後、発電所などへのサイバー攻撃についてもシナリオを用意し、より専門性の高い重要インフラ事業者向けにサービスを拡大する予定だという。

(Security NEXT - 2015/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上