Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、ゲーム通じて重要インフラ防護を学べるサービス

カスペルスキーは、製造業や重要インフラ事業者向けにゲーム形式のサイバー攻撃対策の演習サービス「Kaspersky Industrial Protection Simulation(KIPS)」を3月20日より提供開始する。

同サービスでは、ボードゲームとオンラインアプリケーションを組み合わせ、重要インフラに対するサイバー攻撃の影響を体験。システム運用上のリスクや対策を学習できる。

ゲームの舞台は、サイバー攻撃を受けている水処理施設で、参加者は数名ずつのグループにわかれ、条件や指示が書かれた30枚のカードと決められた予算、作業時間を有効に使いながら、サイバー攻撃へ対応しつつ生産性を競う。ゲームを通じて体験した事象に対して考察し、理解を深めることができるという。

サービスは、同社パートナーであるMHPSコントロールシステムズを通じて提供し、価格は32万4000円から。今後、発電所などへのサイバー攻撃についてもシナリオを用意し、より専門性の高い重要インフラ事業者向けにサービスを拡大する予定だという。

(Security NEXT - 2015/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用