Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NCI、SIEM活用した月極インシデント検知サービス

エヌシーアイは、月額料金制のインシデント検知サービス「Managed Cyber Gate」を5月より提供する。

同サービスは、サーバやセキュリティ機器のログをSIEMで分析し、インシデントを検知する月額制のサービス。SOCを活用して内部関係者による不正や標的型攻撃対策を実施したい中小企業の需要に対応する。

ネットワーク上にログ収集サーバを設置することでサービスを利用することが可能。事前アセスメントにより、監視対象とするデバイスを提案。SIEMのチューニングなどを実施する。

月額料金は、標的型攻撃対策が、30万円から。内部情報漏洩対策が40万円から。別途初期費用が必要となる。

(Security NEXT - 2015/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット