Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NCI、SIEM活用した月極インシデント検知サービス

エヌシーアイは、月額料金制のインシデント検知サービス「Managed Cyber Gate」を5月より提供する。

同サービスは、サーバやセキュリティ機器のログをSIEMで分析し、インシデントを検知する月額制のサービス。SOCを活用して内部関係者による不正や標的型攻撃対策を実施したい中小企業の需要に対応する。

ネットワーク上にログ収集サーバを設置することでサービスを利用することが可能。事前アセスメントにより、監視対象とするデバイスを提案。SIEMのチューニングなどを実施する。

月額料金は、標的型攻撃対策が、30万円から。内部情報漏洩対策が40万円から。別途初期費用が必要となる。

(Security NEXT - 2015/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント