Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、ネットワーク機器を仮想化するNFV技術を活用した新サービス

NTTコミュニケーションズは、NFV技術を活用したネットワークサービス「Arcstar Universal One アドバンストオプション」の国内提供を開始した。

企業向けネットワークサービス「Arcstar Universal One」に、ネットワーク機器を仮想化するNFV技術を活用したオプションサービスを追加したもの。

ファイアウォールや不正侵入防御、URLフィルタリングなどのセキュリティ機能をパッケージ化したゲートウェイやVPNゲートウェイを提供。また拠点間における通信で遅延の遅延によるパフォーマンス低下を改善するアプリケーション高速化機能などを提供する。

同社は、導入コストの削減や納期の短縮、運用オペレーションの稼働削減など、様々な効果が期待できるとしてサービスの拡大を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
「Tenable Appliance」にXSSの脆弱性 - 最新版で修正済み
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響