Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、ネットワーク機器を仮想化するNFV技術を活用した新サービス

NTTコミュニケーションズは、NFV技術を活用したネットワークサービス「Arcstar Universal One アドバンストオプション」の国内提供を開始した。

企業向けネットワークサービス「Arcstar Universal One」に、ネットワーク機器を仮想化するNFV技術を活用したオプションサービスを追加したもの。

ファイアウォールや不正侵入防御、URLフィルタリングなどのセキュリティ機能をパッケージ化したゲートウェイやVPNゲートウェイを提供。また拠点間における通信で遅延の遅延によるパフォーマンス低下を改善するアプリケーション高速化機能などを提供する。

同社は、導入コストの削減や納期の短縮、運用オペレーションの稼働削減など、様々な効果が期待できるとしてサービスの拡大を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
「VMware ESXi」「Horizon DaaS」に深刻なRCE脆弱性
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン