Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxで利用するGNUのCライブラリ「glibc」に深刻な脆弱性「GHOST」

Linuxで利用されるGNUのCライブラリ「glibc」にバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることがわかった。

20150128_qg_001.jpg
Qualysが公開した「GHOST」のキャラクター

問題の脆弱性「CVE-2015-0235」は、Linuxにおいて、ホスト名をIPに名前解決する関数に存在。「同2.2」から「同2.17」までが影響を受ける。

脆弱性を発見したQualysでは、今回の脆弱性を関数名の一部「GetHOST」にちなんで「GHOST」と命名。影響を受けるLinuxディストリビューターと調整を行った上で1月27日に公表した。

Qualysでは、今回の脆弱性について細工されたメールをメールサーバーに送ることで、Linuxの遠隔制御を可能とする実証コード(PoC)の動作を確認しており、「ASLR(Address Space Layout Randomization)」といった保護機能もバイパスできるとして危険性を指摘。各ディストリビューターから提供される修正パッチを適用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性