Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染で取引先担当者の個人情報が流出 - 伊藤忠商事

伊藤忠商事は、従業員のパソコン1台がマルウェアに感染し、保存していた取引先の担当者に関する個人情報が外部へ流出したことを明らかにした。さらに別のパソコンで、不正アクセスを受けた痕跡も見つかっているという。

同社によれば、送信元を偽装した「なりすましメール」が原因で、従業員のパソコン1台がマルウェアに感染。取引先311社の担当者約400人の氏名やメールアドレスが流出したことが、2014年12月26日に判明した。同社では、対象となる取引先に謝罪を行っている。

また同月29日、マルウェアに感染したのとは別のパソコンにおいて、外部から不正アクセスを受けた痕跡が確認されたという。同社では対象となる端末をネットワークから隔離して、調査を行っている。

(Security NEXT - 2015/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力