Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、システムをロックダウンしてマルウェア侵入を防ぐソフト最新版

トレンドマイクロは、システムを特定の用途のみに制限し、マルウェアの侵入や実行を防ぐソフトの新版「Trend Micro Safe Lock 2.0」を、1月26日より提供開始する。

同製品は、定義ファイルによる検知ではなく、システムの機能を制限する「ロックダウン」により、マルウェアの実行を防ぐソフトウェア。実行中のプロセスに対する、脆弱性攻撃への対策機能も搭載している。制御システムやATM、POSといった組込機器向けに提供する。

最新版では、エージェントを利用した新機能を追加。不正プログラムや誤操作によるファイルの改ざんを防止する「書き込み制御機能」を用意した。

またスタンダード版では、管理コンソールより管理下にある端末の集中監視が可能。また起動をブロックしたファイルに対し、定義ファイルを用いてマルウェアをチェックし、隔離することが可能。不正ファイルの混入経路を原因分析できる。

スタンダード版のクライアントOS用は、100から249ライセンス購入で1ライセンスあたり1万2312円。サーバOS用は、1から24ライセンス購入で1ライセンスあたり11万4696円。2年目以降の保守更新料が必要。

(Security NEXT - 2015/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始