Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、システムをロックダウンしてマルウェア侵入を防ぐソフト最新版

トレンドマイクロは、システムを特定の用途のみに制限し、マルウェアの侵入や実行を防ぐソフトの新版「Trend Micro Safe Lock 2.0」を、1月26日より提供開始する。

同製品は、定義ファイルによる検知ではなく、システムの機能を制限する「ロックダウン」により、マルウェアの実行を防ぐソフトウェア。実行中のプロセスに対する、脆弱性攻撃への対策機能も搭載している。制御システムやATM、POSといった組込機器向けに提供する。

最新版では、エージェントを利用した新機能を追加。不正プログラムや誤操作によるファイルの改ざんを防止する「書き込み制御機能」を用意した。

またスタンダード版では、管理コンソールより管理下にある端末の集中監視が可能。また起動をブロックしたファイルに対し、定義ファイルを用いてマルウェアをチェックし、隔離することが可能。不正ファイルの混入経路を原因分析できる。

スタンダード版のクライアントOS用は、100から249ライセンス購入で1ライセンスあたり1万2312円。サーバOS用は、1から24ライセンス購入で1ライセンスあたり11万4696円。2年目以降の保守更新料が必要。

(Security NEXT - 2015/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス