Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エヌシーアイ、DDoS攻撃対策の運用監視サービス

エヌシーアイは、DDoS攻撃対策機器「Pravail APS」を24時間体制で監視するマネージドセキュリティサービスを提供する。

同サービスは、米Arbor NetworksのDDoS攻撃対策機器「Pravail APS」を運用、監視するMSS。グループ会社である日商エレクトロニクスと連携して提供する。

日商エレが、機器の販売とシステム導入時の監視項目について設定。エヌシーアイは11月に設立した「セキュリティ・オペレーション・センター」を通じて24時間体制の稼働監視を行う。インシデント発生時には管理者への通知や対策支援を提供。機器のログ調査や月次レポート作成も行う。

(Security NEXT - 2014/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス