Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの一部更新プログラムに不具合 - ハングアップのおそれ

日本マイクロソフトが、12月10日に公開した一部更新プログラムに不具合があることがわかった。インストールすると、システムが停止するおそれがあるという。

同プログラムは、Windows Update経由で配信された「Visual Studio 2012」向け更新プログラムである「KB3002339」。「VS 2012」においてプロジェクトを開いた際、予期しないダイアログボックスが開く問題を修正するために公開された更新プログラムで、脆弱性を修正する「セキュリティ更新プログラム」ではない。

同社によれば、同更新プログラムをインストールするとシステムがハングアップするという。同社は不具合の報告を受け、Windows Update経由の配信を停止するとともに原因を調べている。

また「Windows Server Update Services(WSUS)」経由で、ユーザーに同プログラムを配布している利用者に対し、更新プログラムの配信を停止するよう注意を呼びかけている。

同社では、システムの復元ポイントを使用することで復旧したケースを確認しているが、他の方法についても調査を進めているという。

(Security NEXT - 2014/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
システム不具合で信用情報を誤登録 - UQコム
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
「IE」ゼロデイ脆弱性へ対処する定例外更新を再リリース - 不具合判明受け
Apple、「iOS 13.1.2」をリリース - 2週間弱で3度の更新