Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの一部更新プログラムに不具合 - ハングアップのおそれ

日本マイクロソフトが、12月10日に公開した一部更新プログラムに不具合があることがわかった。インストールすると、システムが停止するおそれがあるという。

同プログラムは、Windows Update経由で配信された「Visual Studio 2012」向け更新プログラムである「KB3002339」。「VS 2012」においてプロジェクトを開いた際、予期しないダイアログボックスが開く問題を修正するために公開された更新プログラムで、脆弱性を修正する「セキュリティ更新プログラム」ではない。

同社によれば、同更新プログラムをインストールするとシステムがハングアップするという。同社は不具合の報告を受け、Windows Update経由の配信を停止するとともに原因を調べている。

また「Windows Server Update Services(WSUS)」経由で、ユーザーに同プログラムを配布している利用者に対し、更新プログラムの配信を停止するよう注意を呼びかけている。

同社では、システムの復元ポイントを使用することで復旧したケースを確認しているが、他の方法についても調査を進めているという。

(Security NEXT - 2014/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
チケット販売サイトで他顧客情報を誤表示 - PWや秘密の質問なども
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで
会員登録時に他顧客情報を表示 - ウェブマガ「KODE」
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
通販サイトで個人情報を誤表示、プログラム不具合で - ポニーキャニオン