Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シェア3位目指すESET - 法人製品の新版や暗号化製品の投入も

ESET製品を展開するキヤノンITソリューションズ(CITS)は、Windows向け新プログラム「ESET Smart Security 8.0」のリリースにあわせ、11月26日に都内で記者説明会を開催した。ESETの担当者も登壇し、さらなるシェア拡大に向けた施策を明らかにした。

20141127_ci_002.jpg
戦略を語ったESETのwalia氏(画面左)とCITSの近藤氏(同右)

同説明会では、まずESETでアジアセールス・ディレクターを務めるParvinder walia氏が登壇。アジア地域や日本におけるESETの状況を説明した。

同氏はアジア地域におけるセキュリティ市場ついて、「平均年齢が若く、世界の6割の人口を占めており、市場規模は約17億ドル。ESETでは年6.2%の成長を見込んでいる」と説明。

なかでも日本市場はアジア市場の半分を占めており、年4%の成長を見込んでいると語り、同氏は「日本は非常な重要な地域。引き続きサービスを集中させていきたい」と引き続き日本市場を重視していく方針をあらためて示した。

日本におけるセキュリティ対策ソフトの市場シェアは、現状5.7%で4位につけている。成長率はワールドワイドで約10%、日本国内で約20%を確保しており、世界はもちろん、国内においても3番目のシェア獲得に向けて動いているという。

新製品も投入していく予定だ。今回、コンシューマーや小規模企業向けの「ESETシリーズ8.0」を発表したが、エンタープライズ向けとして、2013年よりエンドポイント向け製品の開発を進めており、管理機能を強化した「バージョン6」を2015年に投入することを明らかにした。

またワールドワイドでは、ハードディスク全体を暗号化する「DESlock+」を投入しており、日本市場に関しても、CITSを通じて2015年には販売を開始する見込みだ。

続いて登壇したCITSのプロダクトソリューション事業本部でセキュリティソリューション事業部長を務める近藤伸也氏は、2014年の動向について「Windows XPのサポート切れによる特需があった。対前年で15%強の成果を見込んでおり、成熟した市場のなかで大きく成長を遂げている」と好調ぶりをアピール。

「従来はグループ会社によるシェアの獲得が中心だったが、顧客の指名によるプル型販売が増加しており、ESETブランドが国内に浸透しつつある」と背景を説明。今後は4種類の施策を軸にブランド力の強化を図る。

具体的には、コンシューマーのサポートサイトである「CLUB ESET」や「Q&Aコミュニティ」を展開。また今までセキュリティ情報の発信が弱いと言われてきたが、情報サイト「マルウェア情報局」に注力していく。

法人に対しては、ゲートウェイ製品の投入によるラインナップの強化や、導入しやすい教育機関向けライセンスを展開する。

エンタープライズ向けユーザーの獲得に向け、パートナープログラムの強化にも力を入れる。販売パートナーを拡充するとともに、アライアンスパートナーを拡大。プリインストール型専用端末によるESET製品の組み込みや、相性問題を事前に検証するテクニカルパートナーなどを獲得し、さらに顧客の満足度を高め、よりユーザーが満足いく製品を届けたいと同氏は意気込みを語った。

(Security NEXT - 2014/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に