Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

続くフィッシングサイトの増加傾向 - ゲーム関連が8割

11月に入り、フィッシングサイトに利用されるURLの件数が増加した。フィッシングメールごとに異なるURLが記載されるケースが増えているという。

フィッシング対策協議会が、11月におけるフィッシングの報告状況を取りまとめたもの。11月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は551件。前月から97件の減少となった。

2014年上半期は4000件を超える月もあったが、8月以降は1000件を下回る状況で推移しており、やや落ち着きを見せている。内容を見ると、金融機関を装うフィッシングの報告件数は減る一方、オンラインゲーム関連のフィッシング攻撃が増加しており、全体の83%にのぼった。

増加傾向にあるオンラインゲーム関連のフィッシングメールだが、誘導先のURLは共通のものが利用されることが多かったが、最近はユーザーごとに個別のURLを記載するケースが増加している。そのため同協議会が報告を受けたURLの件数は、前月から170件増となる400件へ拡大した。

フィッシングに悪用されたブランド件数は1件減となる12件。同じ企業やブランドが繰り返し狙われる傾向が続いている。また年末年始はフィッシングの増加が予想されるとして、同協議会では警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず