Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セコム、USBブートでMITB被害を防ぐネットバンク利用者向けサービス

セコムとセコムトラストシステムズは、オンラインバンキング利用者を対象とした不正送金対策サービス「セコムプレミアムネット」の個人向けサービスを、11月より提供開始する。

20141119_st_001.jpg
サービス概要(図:セコム)

同サービスは、オンラインバンキング専用のUSBメモリを利用し、マルウェアによる不正送金やフィッシング攻撃を防ぐソリューション。同社では、1月より法人向けサービスを開始しているが、あらたに個人向けサービスを追加した。

同サービスでは、専用のOSやブラウザ、電子証明書を搭載し、複製や上書きを禁止したUSBメモリを活用。パソコンのシステム内にマルウェアが感染していても、別のシステムから起動することで、マルウェアによる情報窃取などを防止する。

また端末の認証や通信は同社データセンター経由で行い、通信を暗号化、接続先を金融機関のみに限定することで、フィッシング詐欺なども防ぐ。

個人向けサービスの月額利用料は540円で、別途初期費用が1080円が必要。USBメモリに搭載したシステムに脆弱性などが判明した場合などは、交換にて対応する。同社は、今後1年間に個人、法人あわせて1万人の利用者を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
脆弱なERP、機密情報流出のおそれ - 「SAP」「Oracle EBS」など標的に