Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月に都内で「フィッシング対策セミナー2014」が開催

フィッシング対策協議会は、「フィッシング対策セミナー2014」を12月16日に都内で開催する。

同セミナーは、フィッシングの被害を防止するために企画されたイベント。警察関係者やクレジットカード会社、金融ISC、APWGから講師を招き、フィッシングの最新動向や手口、対策などを紹介する。また同協議会に参加する会員企業のブース展示なども行う予定。

会場はコクヨホールで、参加費は無料。申し込みはメールで受け付けている。締切は12月9日で定員は300名。先着順で受け付け、定員になり次第締め切りとなる。申し込み方法やイベントの詳細は、同協議会のページから。

(Security NEXT - 2014/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず