Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、開発者向けに「ファジング」の入門セミナーを開催

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティテスト「ファジング」の入門セミナーを、11月11日に都内で開催する。

同イベントは、製品開発においてバグや脆弱性を発見するために活用されているセキュリティテスト「ファジング」について紹介する入門セミナー。「ファジング」に関する技術文献や活用事例といった情報が少ないとして、同機構では不定期にセミナーを実施している。

組み込み機器やソフトウェアなどの製品開発を行っている組織の開発担当者やテスト担当者などを対象としており、ファジングの概要、製品開発における活用方法、ツールの使い方などを紹介する。

参加費は1000円。定員は25名。先着順で受け付けている。申し込み方法など詳細は同機構のサイトから。

(Security NEXT - 2014/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル
初心者向けに脆弱性調査と報告方法を学ぶ勉強会 - IPA
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達