Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、開発者向けに「ファジング」の入門セミナーを開催

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティテスト「ファジング」の入門セミナーを、11月11日に都内で開催する。

同イベントは、製品開発においてバグや脆弱性を発見するために活用されているセキュリティテスト「ファジング」について紹介する入門セミナー。「ファジング」に関する技術文献や活用事例といった情報が少ないとして、同機構では不定期にセミナーを実施している。

組み込み機器やソフトウェアなどの製品開発を行っている組織の開発担当者やテスト担当者などを対象としており、ファジングの概要、製品開発における活用方法、ツールの使い方などを紹介する。

参加費は1000円。定員は25名。先着順で受け付けている。申し込み方法など詳細は同機構のサイトから。

(Security NEXT - 2014/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
IPA、「情報セキュリティサービス基準」リストを更新 - 新登録45社
サイボウズ、2020年度の脆弱性報奨金制度をスタート
やってはいけない脆弱性情報の取扱とは? - IPAが解説動画
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加