Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ、内部不正行為による情報漏洩を防ぐソリューション

エンカレッジ・テクノロジは、システム管理者の不正行為による情報漏洩のリスクを低減するソリューションを、11月より提供開始する。

同製品は、特権IDの濫用を防止する製品「ESS AdminControl」と、仮想デスクトップ技術によりシステムの操作を記録する「ESS REC」の組み合わせたソリューション。システムへのアクセスを許可された管理者や作業者の不正行為による情報漏洩のリスクを低減する。

顧客のシステム環境や業務内容にあわせて、チェックすべき操作や点検ルールを設定することが可能。またリスクの高い操作に対するアラートや、定期的なモニタリングレポートの設計、モニタリング体制のアドバイスなども提供する。

初期費用は1000万円から。対象システムの規模や要件によって変動する。

(Security NEXT - 2014/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
組織内部で隠密活動するマルウェアを検知するAI技術 - 富士通研
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合