Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審アクセスを検知する「RSA Web Threat Detection」に新版 - 不正ログインにも対応

EMCジャパンは、ウェブサイトの不審行動を検知するセキュリティソリューション「RSA Web Threat Detection 5.0」を提供開始した。

同製品は、サイト訪問者の閲覧軌跡を解析し、悪意あるユーザーなどを検知するセキュリティソリューション。行動遷移データから正常なユーザーの行動を解析。行動を逸脱する不審ユーザーを検知する。パスワードリスト攻撃による不正ログインにも対応することが可能。

機械的なアクセスによる異常なページ遷移スピードや、マンインザブラウザによる離れた地域の複数IPアドレスからの同時アクセスなども検知。アラートを発行するほか、ファイアウォールと連携し、異常なアクセスを遮断できる。

最新版では、ユーザーやIPアドレスにアラート情報を付加して時系列に表示する「プロファイルタイムライン」の表示に対応。またモバイルアプリのトラフィックを解析する「スマートモバイル対応」や、ウェブトラフィックデータをエクスポートする「データストリーム」を追加した。

(Security NEXT - 2014/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手