Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、9件の月例パッチを公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正

日本マイクロソフトは、10月の月例セキュリティ更新プログラム9件を公開し、あわせて24件の脆弱性に対応した。一部脆弱性は、すでに悪用が確認されている。

20141015_ms_001.jpg
10月の月例セキュリティ更新プログラム

同社は、事前予告で9件のプログラムを公開予定としていたが、深刻度「警告」とされるプログラムで問題が確認され、予告より1件少ない8件を公開した。

深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」のプログラムは3件。これらは適用優先度が3段階中もっとも高い「1」にレーティングされている。

なかでも「MS14-056」は、「Internet Explorer」の累積的な脆弱性14件に対処したが、そのうち1件の脆弱性「CVE-2014-4123」は、すでに悪用が確認されている。

同脆弱性は、特権の昇格が生じるもので、直接コードが実行されるおそれはないものの、リモートからコード実行が可能となる別の脆弱性と組み合わせて悪用されるおそれがある。

またカーネルモードドライバの脆弱性「MS14-058」では、「Win32k.sys」の脆弱性「CVE-2014-4113」、「TrueTypeフォント」の解析処理の脆弱性「CVE-2014-4148」を修正したが、いずれもゼロデイ攻撃が確認されている。

(Security NEXT - 2014/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ