Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「改ざん発生は誤報」、ラックがアナウンス

ラックは、同社のウェブサイトが改ざんされたとする情報が一部サイトに掲載されたことを受け、誤報であるとの見解を発表した。

サイトの改ざん情報などを発信するエストニアのセキュリティニュースサイト「Zone-H」に、同社サイトのトップページが改ざんされたとの情報が掲載されたもの。

今回の問題について、ページ内の一部単語が誤検出されたもので、改ざん箇所は発見されず、不正なスクリプトやタグが埋め込まれた痕跡もなかったとして、誤報と結論付けている。

同社は9月26日に、同社内部で発生したマルウェアの感染事例や、侵入事例については、一部例外を除き、積極的に公表する方針を示している。同日より、スパイウェアの感染、不正サイトへの誘導など2件の事例を公開している。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
KDDIとラック、セキュリティソリューション扱う合弁会社を設立
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
11月に実施した「Acrobat/Reader」のアップデート内容を訂正 - Adobe
Palo Alto NetworksのOSに脆弱性 - 悪用容易のため注意を
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施