Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「改ざん発生は誤報」、ラックがアナウンス

ラックは、同社のウェブサイトが改ざんされたとする情報が一部サイトに掲載されたことを受け、誤報であるとの見解を発表した。

サイトの改ざん情報などを発信するエストニアのセキュリティニュースサイト「Zone-H」に、同社サイトのトップページが改ざんされたとの情報が掲載されたもの。

今回の問題について、ページ内の一部単語が誤検出されたもので、改ざん箇所は発見されず、不正なスクリプトやタグが埋め込まれた痕跡もなかったとして、誤報と結論付けている。

同社は9月26日に、同社内部で発生したマルウェアの感染事例や、侵入事例については、一部例外を除き、積極的に公表する方針を示している。同日より、スパイウェアの感染、不正サイトへの誘導など2件の事例を公開している。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
「Adobe Acrobat/Reader」が再アップデート - 不具合や脆弱性への対策で
「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足
インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も