Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「改ざん発生は誤報」、ラックがアナウンス

ラックは、同社のウェブサイトが改ざんされたとする情報が一部サイトに掲載されたことを受け、誤報であるとの見解を発表した。

サイトの改ざん情報などを発信するエストニアのセキュリティニュースサイト「Zone-H」に、同社サイトのトップページが改ざんされたとの情報が掲載されたもの。

今回の問題について、ページ内の一部単語が誤検出されたもので、改ざん箇所は発見されず、不正なスクリプトやタグが埋め込まれた痕跡もなかったとして、誤報と結論付けている。

同社は9月26日に、同社内部で発生したマルウェアの感染事例や、侵入事例については、一部例外を除き、積極的に公表する方針を示している。同日より、スパイウェアの感染、不正サイトへの誘導など2件の事例を公開している。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム