Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「改ざん発生は誤報」、ラックがアナウンス

ラックは、同社のウェブサイトが改ざんされたとする情報が一部サイトに掲載されたことを受け、誤報であるとの見解を発表した。

サイトの改ざん情報などを発信するエストニアのセキュリティニュースサイト「Zone-H」に、同社サイトのトップページが改ざんされたとの情報が掲載されたもの。

今回の問題について、ページ内の一部単語が誤検出されたもので、改ざん箇所は発見されず、不正なスクリプトやタグが埋め込まれた痕跡もなかったとして、誤報と結論付けている。

同社は9月26日に、同社内部で発生したマルウェアの感染事例や、侵入事例については、一部例外を除き、積極的に公表する方針を示している。同日より、スパイウェアの感染、不正サイトへの誘導など2件の事例を公開している。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
「vBulletin」に修正パッチ - 国内でも攻撃を多数観測、早急に対応を
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究