Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、2015年版コンシューマー向け製品を発表 - スマートデバイス向け機能を強化

マカフィーは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版を10月17日より販売開始する。

20140930_ma_001.jpg
マカフィーリブセーフ2015

同製品は、ウイルス対策や脆弱性スキャナー、ファイアウォールなどを備えたコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。

生体認証を利用したクラウドストレージを用意した「マカフィーリブセーフ2015」や台数に関係なく所有するパソコンやスマートデバイスで利用できる「マカフィーオールアクセス2015」をはじめ、「マカフィートータルプロテクション2015」「マカフィーインターネットセキュリティ2015」「マカフィーアンチウイルスプラス2015」の5製品をラインナップとして用意した。

最新版では、マルウェア検出エンジンやパフォーマンスの改善のほか、スマートデバイス向けの機能を強化。iOS向けの紛失や盗難対策を搭載。Androidにおける「Wi-Fi」のセキュリティ対策機能を追加している。

価格は、1ユーザー1年版の「マカフィーリブセーフ2015」が8208円。「マカフィー オールアクセス2015」が9252円。手ごろな3年版なども用意している。

(Security NEXT - 2014/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止