Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ版「LINE」で不正ログイン対策、「PINコード」設定必須に

LINEは、スマートフォン版LINEアプリの不正ログイン対策として、4桁の暗証番号の設定が可能だが、9月22日14時以降は同機能の設定を必須にすると発表した。

電話番号の異なるスマートフォンのアプリからログインする際、IDやパスワードによる認証にくわえ、あらかじめ登録した4桁の暗証番号「PINコード」の入力を求めるもの。

同社では、利用者以外の第三者が本人になりすまし、LINEに不正ログインしてアカウントを乗っ取る被害が多発していることを受け、7月17日より同機能を提供しているが、任意で利用できる機能だった。

今回、不正ログインの被害拡大を防ぐため、アプリのバージョン「4.5.0」以降の全ユーザーを対象にPINコードの設定が必須となる。またすでに設定しているユーザーに対し、単純な数字や語呂合わせの数字、誕生日など推測されやすいPINコードを設定していないか再度確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画