Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ版「LINE」で不正ログイン対策、「PINコード」設定必須に

LINEは、スマートフォン版LINEアプリの不正ログイン対策として、4桁の暗証番号の設定が可能だが、9月22日14時以降は同機能の設定を必須にすると発表した。

電話番号の異なるスマートフォンのアプリからログインする際、IDやパスワードによる認証にくわえ、あらかじめ登録した4桁の暗証番号「PINコード」の入力を求めるもの。

同社では、利用者以外の第三者が本人になりすまし、LINEに不正ログインしてアカウントを乗っ取る被害が多発していることを受け、7月17日より同機能を提供しているが、任意で利用できる機能だった。

今回、不正ログインの被害拡大を防ぐため、アプリのバージョン「4.5.0」以降の全ユーザーを対象にPINコードの設定が必須となる。またすでに設定しているユーザーに対し、単純な数字や語呂合わせの数字、誕生日など推測されやすいPINコードを設定していないか再度確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定