Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSの知識を競う長野大会の参加者募集を開始 - SECCON 2014

セキュリティ技術を競う国内最大のCTFイベント「SECCON 2014」では、9月27日、28日の2日間にわたり、長野予選を開催する。DDoS攻撃などの標的にもなり、セキュリティ対策の重要性が高まる「DNS」をテーマに知識などを争う。

地方予選は、全国4カ所において実施予定で、9月初旬に開催された横浜予選に続く2回目。今回のイベントでは、日本レジストリサービス(JPRS)の特別協賛により、DNSをテーマとした「DNS Security Challenge」を開催する。

同競技では、複数のパケットデータをUSBメモリで配布。パケットデータから、攻撃や偽装通信などを見つけ出す。またDNSチャレンジクイズを実施し、これらの総合点を競う。

DNSの仕組みやセキュリティに関心があれば参加でき、初心者でもDNSについて学べる勉強会なども用意する予定。優勝チームには、2015年2月に東京電機大学で開催される全国大会のシード権が与えられる。

定員は1チーム最大4名、25チームまで。会場は信州大学工学部。参加者は解析に利用するノートパソコンを持参する必要がある。大会の詳細や応募は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始
SECCON決勝大会の進出チームが決定
SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始