Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートデバイス向け「i-フィルター」に複数年ライセンス

デジタルアーツは、iOSやAndroidを搭載したスマートデバイス向けに提供しているフィルタリング機能を備えたブラウザ「i-フィルター」の機能強化を図る。

利用者の要望に対応したもので、2年や3年の長期ライセンスを追加。また「i-フィルター for Android」に対し、利用者が多い「LINE」「Twitter」「YouTube」「Facebook」「Google+」の許可や禁止などを簡単に設定できるようにした。

(Security NEXT - 2014/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
ハンモック、「AssetView」に新版 - PCの脆弱性対策機能など追加
「Joomla!」にSQLインジェクションの脆弱性 - アップデートがリリース
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ALSI、フィルタリングソフトにトレンド脅威対策製品との連携オプション