Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部との業務データ共有、半数以上が禁止ツール使用 - トレンド調べ

業務データを組織外部とやり取りする際、従業員の54.8%に、ポリシーで本来利用が禁止されているツールを用いた経験があることがわかった。

トレンドマイクロが、6月23日から25日にかけて企業や組織で業務データを取り扱うIT管理者510人、従業員1038人を対象に調査を実施し、結果を取りまとめた。

業務データを外部の関係者とやり取りする際、セキュリティポリシーなどで特定ツールの使用を禁止されている従業員は半数弱の476人。しかしその54.8%は、過去1年間に禁止ツールを利用した経験があった。

また業務データの取り扱いについて、「自分の担当外のデータにアクセスした(13.8%)」「社外持ち出し不可のデータを自宅作業のため持ち出した(7.9%)」「データを誤って他社と共有した(5.9%)」「退職時にデータを持ち出した(4.4%)」など不適切な取り扱いも目立ったという。

一方、こうした問題を解消するため、代替となるツールの導入を検討した管理者は、40.4%にとどまり、48%の管理者は検討していないと回答した。

(Security NEXT - 2014/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
TCP 52869番ポートへのパケット - 「Mirai」亜種による感染活動の可能性
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響
「Cyber3 Conference 2015」の報告書が公開
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定