Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部との業務データ共有、半数以上が禁止ツール使用 - トレンド調べ

業務データを組織外部とやり取りする際、従業員の54.8%に、ポリシーで本来利用が禁止されているツールを用いた経験があることがわかった。

トレンドマイクロが、6月23日から25日にかけて企業や組織で業務データを取り扱うIT管理者510人、従業員1038人を対象に調査を実施し、結果を取りまとめた。

業務データを外部の関係者とやり取りする際、セキュリティポリシーなどで特定ツールの使用を禁止されている従業員は半数弱の476人。しかしその54.8%は、過去1年間に禁止ツールを利用した経験があった。

また業務データの取り扱いについて、「自分の担当外のデータにアクセスした(13.8%)」「社外持ち出し不可のデータを自宅作業のため持ち出した(7.9%)」「データを誤って他社と共有した(5.9%)」「退職時にデータを持ち出した(4.4%)」など不適切な取り扱いも目立ったという。

一方、こうした問題を解消するため、代替となるツールの導入を検討した管理者は、40.4%にとどまり、48%の管理者は検討していないと回答した。

(Security NEXT - 2014/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
マニュアル作成サービスに不正アクセス、一部データが流出 - 原因は調査中
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化